愛知県糖尿病療養指導士(愛知県CDEL)に認定されるには

1.受験資格の確認
以下の全ての項目を満たしていることが必要です。
(1) 薬剤師、保健師、看護師、准看護師、管理栄養士、栄養士、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、言語聴覚士、精神保健福祉士、臨床心理士、養護教諭などの資格を取得して3年以上であること
 (受験時に満3年でなくても、受験の年度末の3月31日で満3年であれば可)
(2) 糖尿病療養指導または健康教育の経験が1年以上あること
(3) 日本糖尿病協会の会員であること(医療機関が設ける「友の会」会員も可)
 新規加入者も可 → 入会方法(外部サイト)
(4) 愛知県糖尿病療養指導士認定機構主催の研修会を受講すること

  ↓

2.書類申請
ホームページより必要書類を入手し、以下の書類をすべてそろえて郵送する。
(1) 愛知県糖尿病療養指導士認定試験受験申請書
  ダウンロード → 受験申請書(Wordファイル)
(2) 受験票(A5用紙に印刷してください)
  ダウンロード → 受験票(PDFファイル)
(3) 履歴書
  ダウンロード → 履歴書(Wordファイル)
(4) 施設長の推薦状(申請者自身が施設長である場合は自薦でも可)
  ダウンロード → 推薦状(Wordファイル)
(5) 糖尿病療養指導業務に従事した証明書
  ダウンロード → 従事証明書(Wordファイル)
(6) 各職種の免許証の写し
(7) 日本糖尿病協会の会員であることの証明(会費振り込み領収書の写しを添付 または 会員番号を申請書に記載〈会員番号は「月刊さかえ」送付封筒宛名に記載してあります 日本糖尿病協会の年会費 1年分3500円 2年分6000円 3年分7500円〉または 友の会の名称を申請書に記載)
(8) 研修会受講料1,000円+受験料5,000円=6,000円の振り込み受領書の写し
 振込先
  岐阜信用金庫 植田支店 普通 1165982
  愛知県糖尿病療養指導士認定機構 代表 戸﨑貴博
(9) 返信用封筒 宛名明記のうえ92円切手を貼り付け同封してください
 郵送先
  〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
  愛知医科大学医学部内科学講座 糖尿病内科 愛知県CDEL受験担当

日本糖尿病療養指導士を有する人は認定研修会の受講と認定試験を免除します。受験票の代わりに日本糖尿病療養指導士認定証の写しと認定料5,000円の振り込み受領書の写しを提出してください。。

2019年度申請期間 2019年6月27日~8月5日 消印有効

  ↓

3.認定委員会による認定研修会受講者の最終決定

  ↓

4.認定研修会受講
研修会は通年2日間(土曜日と日曜日 1日約3時間)の全カリキュラムの受講が必要です。
使用テキスト「糖尿病療養指導ガイドブック」(日本糖尿病療養指導士認定機構 編・著)最新版
(各自ご購入下さい。 → 株式会社メディカルレビュー社(外部サイト)

2019年度は、10月5日(土)15:00~18:00 10月6日(日)9:00~12:00  会場:藤田医科大学 講義室

  ↓

5.認定試験受験
認定研修会を未受講の人は受験できません。(前年の研修会受講者まで受験可とします。研修会を受講しても、なんらかの事情で受験できなかった方は翌年までに受験してください。)
2019年度は、11月10日(日)10:30~12:00 会場:ウインクあいち 1002号室または1302号室

  ↓

6.合格発表
事前に交付された番号にて、ホームページ内で発表します。(12月頃)

  ↓

7.愛知県糖尿病療養指導士認定機構による認定
認定期間は受験翌年度の4月1日より5年間とします。
(2019年受験の場合は、2020年4月1日より5年間)